最近の記事

2015年09月08日

GHL一転して継続へ



当初4月に続刊予定であったGHL(ガンダムホビーライフ)。
本丸である電撃ホビーマガジン休刊に伴いこちらも自然消滅と思われていましたが。。。
続刊でるそうです。。。

ただね、電撃ホビーマガジンと同じことをGHLでやったとしたらじゃあなんだったんだで話だと思うし電撃ホビーマガジンを休刊に追いやった元凶って個人的にはGHLなのではと思う所もある。なぜなら、内容的に別冊して出す必要はないでしょうと思えるから。
モデラーの方がアドバイザーという形式というのは電撃ホビーマガジン創刊後に月刊ホビージャパンで既にやっていたしね。
本丸無しの状態でどのような形になるか先とは言え次号の出来次第かとは思う。
どういう形になるか今後の推移を見守りたい。
posted by ちぇりー at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

ガンダムA9月号、増刊ガンプラAにてガンプラ付録

静岡ホビーショー情報Updeate

7月26日発売の月刊ガンダムA9月号および8月発売の増刊ガンプラAにおいてREVIVEしたHGUC ガンダム対応の武器が付属される。

月刊ガンダムA9月号→ビームジャベリン
増刊ガンプラA(8月発売)  →ガンダムハンマー&オリジナル武器セット

今回の企画は6月に創刊15周年を迎えるガンダムAの3号連続企画のもので且つガンプラ35周年のコラボでもある。


posted by ちぇりー at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

電撃ホビーマガジン2015年7月号にて休刊(update)




公式サイトにて来月号にて休刊およびサイト展開への移行が正式発表されました。
昨日Itメディアでも記事として取り上げられてました。
また、現在実施中のガンプラ王2015においては1次予選通過作品の発表が6月上旬ウェブ発表に前倒しされ最終発表時期は予定通りだが当然ながらすべてウェブ発表となる。

ちなみになぜ休刊なのか、廃刊でないのかという点に関しては雑誌コードと商標権の兼ね合いに起因しているので現在の書籍は廃刊扱いでも休刊にするのだという。

以下オリジナルの部分
今月上旬より噂として上がっていて当ブログでも記事にした電撃ホビーマガジン休刊のニュース。
模型流通経由で販売された早売り購入ユーザーによると今月、6月号において、次月5月発売の7月号をもって紙媒体での出版を休止し商品の発売情報やレビューなどを現状運営してる電撃ホビーwebへ移行するとの事である。




電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2015年 06月号 [雑誌]
posted by ちぇりー at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

有名ホビー誌も休刊!? 縮小、休刊が相次ぐKADOKAWA雑誌



角川グループの再編が加速している状況の中、年度末に週刊アスキーの紙媒体の休刊およびネット展開への移行が発表されたわけだが、業界内で有名ホビー誌休刊の噂も出ている。

これは個人の推測ではあるがこのホビー誌というのは電撃ホビーマガジンのことをさしているのではないかと思われる。
一昨年の10月、角川ホールディングスへの移行に際し電撃ホビーマガジンも編集の大幅な入れ替えもありました。体制変更に際しての一つの動きではと私も捉えていました。
そのあとに関しては雑誌の内容自体は個人的には迷走という印象を持っています。

記事によればここ最近部数が伸びず赤字の為上層部から休刊は告げれた模様
どうやら夏になる前までに休刊の可能性があるとのこと。
詳しくはは上記のリンク記事を参照していただきたい。

電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2015年 05月号 [雑誌]
posted by ちぇりー at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

コロコロのアニキ雑誌 10月15日創刊?



http://www.corocoro.tv/topics/20140813.html

コロコロコミック公式サイトにて発表された。まだ詳細は不明だが大人向け?雑誌らしく。スマホで読む電子書籍かもしれない。
一方で爆走兄弟といったキーワードも登場しており「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」復活という話も出ているが噂の域を脱してはいない。
ここ最近であればデュエルカードバトルであったりダンボール戦機、ミニ四駆といったコロコロ発信でブームになったものや小学生に向けては難しかったガンプラ系記事などに期待はもてそうである。
まだ詳細が不明なだけに今後の発表に注目だろう。
posted by ちぇりー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

ダブルアールメカニクス第5号7月28日発売決定 (7月8日情報更新)

7月8日記
モデルアート通販サイトにて情報は更新されました。
発売日は7月28日
特集はホビーショー告知通り RX-78ガンダムの特集

MGのVer1.0 、2.0、3.0および旧1/144とG30の作例
各キットの比較

第2特集 ともかくこだわって作ろう
他人と違うポイントをさりげなく主張してみたり、あっと驚かせるアイデアを加えたり。
そんな作例を紹介
掲載作例
ハセガワ1/72改造 アーマードバルキリー
バンダイ1/100 MGユニコーンガンダム
バンダイ1/100 MG νガンダムVer.Ka
バンダイ1/144改造 ゲルググ
マックスファクトリー1/72 ダグラム
WAVE1/24改造 スタンディングトータス

現状
モデルアート直販サイト(直販サイトにて他商品と購入した場合24日発送)
ホビーサーチ
にて予約が開始されてます。
(amazonでは予約開始されていません)
体制に関しては変化がない模様です、また、小松原氏の作例も今回はある模様です。


静岡ホビーショー情報(一部検証が入ってます)

本来であれば、3月発売のはずが発売されず音沙汰すらなかったダブルアールメカニクスですが、第5号の発売告知のPOPが現在開催中の静岡ホビーショーのModelArtブースにて確認できます。
Modelart社のfacebookにある写真から確認出来る部分を確認しましたが、

「ダブルアールメカニクス再起動」

という文言と

「RX―78ガンダム大地に立つ」

という文言が確認できます。


VOL5、7月中旬発売決定というPOPがブース写真から確認できました。
→7月28日発売が決定
第5号はガンダムの主役MSことRX―78ガンダムの特集
詳細は来月6月発売のモデルアート8月号にて発表
→モデルアート8月号では詳細の告知はありませんでした

ということで仕切り直しでダブルアールメカニクスは7月中旬発売という形で第5号が発売されることが決定
今回の特集はRX―78ガンダムの特集で各時代のキットを追いかけてその楽しみ方の提案という内容になる模様

体制が変わるか他は現状不明というところです。
→小松原氏のブログの最新記事において作例の話が出てるので変更はないかと思われます。
posted by ちぇりー at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

近藤和久CROSOVER illustrated 2月28日発売

現在はガンダムコミックの先駆者であり第一人者で今年デビュー30周年を迎える近藤和久氏のイラスト画集
「CROSOVER illustrated」が 角川より2月28日発売される。

1983年第8回、講談社のちばてつや賞ヤング部門において佳作を受賞(作品はメカものだがシュミレーションゲームが舞台というザ、マシンという作品)。その後1983年夏、コミックボンボンの読み切りホラー漫画「血を吸うマンション」でデビュー。同誌での機動戦士ガンダムMS戦記やTV放映されたZガンダムのコミカライズ、バンダイ模型、模型情報で展開されたサイドストーリオブZなどの作品がある。
MS戦記に登場したMSは独特のディテール(通称近藤ディテール)とも呼ばれ玩具化も企画されていた(結果的には試作までは作られたが未発売、Bクラブでザクのバックパックのレジンモデルは発売された)。
また、機動戦士Zガンダム登場のGMIIのデザインも氏によるもの。

今回の画集は電撃ホビーマガジン、電撃コミックス等に掲載された最新イラストを収録したもので、特徴的なフォルム、ディテール等を再現した3D作例群も併せて掲載、本書用に新規作例や描きおろしコミックなども収録されている模様です。

amazon
近藤和久クロスオーバー イラストレイテッド (DENGEKI HOBBY BOOKS)

posted by ちぇりー at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

僕たちのガンプラ大全



上記のツィートはバンダイの川口名人によるものであるが、アラフォー以上の世代にとってはストリームベース前夜の話あたりは熱いかもしれない。
私自身もまだ読んではいませんが気になっています。

amazon
僕たちのガンプラ大全 (生活シリーズ)
セブンネットショッピング

僕たちのガンプラ大全

タグ:ガンプラ
posted by ちぇりー at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

フィギュアの作り方01 3Dプリンタのためのデジタル造形術 3月発売予定



3Dプリンタのためのデジタル造形術の書籍がホビージャパンから出版されることになりました。

デジタル造形会社の先駆者ともいえる企業、株式会社Knead代表取締役 木村 和宏 氏の著書とのことです。
株式会社Kneadはグッドスマイルカンパニーのねんどろいどやねんどろいどぷちなどにも関わられてます。

発売は3月末の予定です。

amazonで予約中です

フィギュアの作り方01 3Dプリンタのためのデジタル造形術
posted by ちぇりー at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

模型雑誌批評 2014年2月号

年末年始 地元の大型書店に良く足を運んでいたが2014年2月号の模型雑誌の動きが大変面白かった。
一応批評を入れて書いてみようと思う(リンクはamazon)
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2014年 02月号 [雑誌]

今回の特集はガンダムサンダーボルト。漫画連載当初からフォローしてたこともあり、他雑誌に比べても特集の組み方は大きい。ヤマトなど話題のキットもあるのだが個人的にはノモ研の複製特集は良いと思った。
因みに地元大型書店では三が日で完売してました。

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2014年 02月号 [雑誌]
こちらはガンダムビルドファイターズ特集、表紙のフリーダムガンダムを意識した塗装のビルドストライクガンダムは電撃ホビーマガジンのエースモデラーでGHLのコーディネーターを務めるNAOKI氏によるもの(作例は前号に掲載済み)。
以前、よくジャーナリズム的に切っていると批評されていたが、今回のバンダイ馬場氏のインタビューは必見。ガンプラのパーツを減らす点での努力なども書かれていて面白い。
あと、ギャンが今ブームですねw作例はモデグラ的ぶっ飛び方で面白い。

MODEL Art (モデル アート) 増刊 ダブルアール メカニクス 2014年 01月号 [雑誌]
昨年創刊するやいなや批判、大ブーイングを浴びた雑誌。3号より体制が一新され、4号はモデルアートらしい特集が組まれた。空気遠近法のキャラクターモデルへの利用を論理からきちんと書いたものは今まで断片的なものはあったにしても総合ホビー誌では見たことがない。特集にあった製作途中写真が少ないなど問題もあるが作るモデラーにとって参考になる部分は多い。

ガンダムホビーライフ 003 (電撃ムックシリーズ)
電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2014年 02月号 [雑誌]
この2冊も表紙はNAOKI氏によるもの。まず、本丸に関しては生産の都合で付録を落としました。で特集は最新キットに関してモデラーが攻略ポイントを伝授するという趣向なのだが、入ってこない。
GHLに関しては今回もテコ入れが入った模様で初心者用のhow to入れたりと誌面の刷新を2号から少しづつ行ってるようではある。ただ、発売後少したってウェブで確認できる立ち読みを増やすなどしているのは苦戦の表れではないかと思う、事実GHLに関しては今回地元の大型書店でも入荷を見送ったようだ。
実際、その大型書店で隣り合わせで電撃ホビーマガジンとホビージャパンが平積みされていたわけだが
ホビージャパンは売り切れて電撃ホビーが残ってる状況。大元の足元が揺らいでる状況で別冊はいかがなものかと思う。逆にGHLを辞めてそのコンセプトや誌面の作り方を電撃ホビーに持ってきた方が現状を打開できると思うのだが。純粋に付録を落としたことだけ問題ではないような気がするし現編集長の体制になってチグハグさが目立つ。
角川本体でもかってニュータイプ別冊でキャラクターモデリングの書籍は出していたわけ、ホビーの専門家が編集に関わっていた時代と違うにしてもこうも雑誌の方向性がブレるというのはちょっと頂けない。




posted by ちぇりー at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

電撃ホビーマガジン2014年2月号付録延期

2013年12月25日発売の電撃ホビーマガジン2014年2月号に付く予定の付録が、
製造上の都合により、次号2014年3月号(2014年1月25日発売)に延期となった。

http://hobby.dengeki.com/20131218-2/

これにより特別価格:1,370円(本体1,305円)が付録無しの特別定価:980円(本体933円)に変更となる。
まt、2014年3月号の付録(2014年1月25日発売)は「ソードアート・オンライン にいてんごリズベット」を含め、「ガンダムビルドファイターズ パーツセパレーター」、「艦隊これくしょん -艦これ- 島風のmy連装砲ちゃん箸」の3点となる。

さて、それは良いのですが。。。2014年3月号既に模型流通では予約が始まってますが値段変更ですかね?約400円プラスされたら誰も買わないよね。。。

いろいろな所で書いてきたけど今のDHMってチグハグだよね。
posted by ちぇりー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

ダブルアール・メカニクス 第4号 12月20日発売 塗装を特集





12月20日発売のダブルアール・メカニクス 第4号は塗装特集です。
ホビーリンクのツィートでも言われてますがモデルアート得意の塗装 How to がこの雑誌でも生きるかどうか見ものですしモデルアート同様のテイストなら支持は伸びると思います。
今回はGSIクレオス新塗料アクリジョンも取り上げられているので必見かと思います。

現在ホビーリンクとホビーサーチで予約開始されてます。
amazonにて予約開始されました。(12/6)
モデルアート公式サイトでも予約開始されました。また表紙が公開されてます。(12/16)
MODEL Art (モデル アート) 増刊 ダブルアール メカニクス 2014年 01月号 [雑誌]
posted by ちぇりー at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

小説版「機動戦士ガンダム」シリーズ配信開始 第2弾Zガンダム関連も配信中



本ブログ2013年9月28日 の記事にて速報していた小説版「機動戦士ガンダム」シリーズ、全96点の電子化企画のうち第一弾の機動戦士ガンダム1〜3と11月26日から配信された機動戦士Zガンダム第1部から第5部および
フォウ・ムラサメを扱ったサイドストーリーで機動戦士ガンダムに登場したあの人物の後も描かれている「フォウストーリー」の小説版が展開中である。
また、第一弾である小説版機動戦士ガンダム1〜3は12月9日まで半額のキャンペーンが実施されている。

小説版機動戦士ガンダム1〜3はアニメ版と異なる展開や結末を迎える作品となっている。
元々は朝日ソノラマからハードカバーで刊行されていた。
アムロ搭乗機G3やシャア専用リックドムはここが初出であり、エルメス2号機も登場している。

機動戦士Zガンダム第1部から第5部は放映当時 講談社から永野護イラストの表紙で展開されたものが後に角川スニーカー文庫として発売されている。スニーカー版は藤田一己氏のMSのイラストが描かれており印象的である。
「フォウストーリー」は1986年、遠藤明吾著で『機動戦士Ζガンダム フォウ・ストーリー そして、戦士に…』がアニメージュ2月号付録として発表されたもので2001年9月に加筆再構成の上、角川スニーカー文庫で刊行。

私自身既に紙媒体ですべて読んでしまってるので購入予定はないが(ソノラマ版も探せば出てくるかもしれない)ただ、かなり面白い内容だと個人的には思います。


詳しくはBOOK☆WALKERで。
posted by ちぇりー at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

ガンダムホビーライフ 003 12月13日発売



どうやらなんですけどテコ入れが始まったようですね。
新連載のイラスト企画とDアストレイB(出張版?)も掲載。
本特集はガンダムセンチネルとアドバンス オブ ゼータのようです。
まぁ小手先に終わらないことを祈ります。通常の電ホでできることを別冊でやる姿勢には共感はできませんが。

商品リンク
ガンダムホビーライフ 003




posted by ちぇりー at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

電撃ホビーマガジン創刊15周年記念5号連続豪華付録キャンペーン

更新:amazonにて2014年1月号予約開始されました。
電撃ホビーマガジンは2014年1月号(2013年11月25日発売)を皮切りに創刊15周年記念5号連続豪華付録キャンペーン始動と題し5号連続付録となる模様である。

付録判明分を掲載する。
2014年1月号(2013年11月25日発売)
電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2014年 01月号 [雑誌]
ガンプラ付録「1/144 MSハンガー ガンメタル Ver.」
同誌2010年9月号付録の成型色変更アイテム
2014年2月号(2013年12月25日発売)
ガンダムビルドファイターズ パーツセパレーター 艦これ島風のmy連装砲ちゃん箸
2014年3月号(2014年1月25日発売)
『ソードアート・オンライン』 にいてんご リズベット
2014年4月号(2014年2月25日発売)
ガンプラ付録 ガンダムビルドファイターズD 「マーキュリーレヴ」
ガンダムA2014年3月号付録の一部仕様変更
2014年5月号(2014年3月25日発売)
不明

現状2014年2月号(2013年12月25日発売)と2014年3月号(2014年1月25日発売)、2014年4月号(2014年2月25日発売)はホビーサーチにて予約が開始されている。
模型の通信販売 ホビーサーチ オンラインショップ
amazonにて2014年1月号(2013年11月25日発売)予約開始されました。
電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2014年 01月号 [雑誌]
posted by ちぇりー at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

『電撃ホビーウェブ』が大リニューアル!(21日更新)





『電撃ホビーマガジン』が創刊15周年を迎える11月25日、公式サイト『電撃ホビーウェブ』は生まれ変わる。
ホビー関連のホットなニュース記事を日々更新するほか、『電撃ホビーウェブ』独自の連載企画も展開予定、
サイトデザインも一新し、プロによる撮り下ろし写真を掲載していく予定。
目玉となる連載企画や創刊15周年を記念した企画については、11月21日以降紹介

21日更新
電ホビにゆかりのある作家のサイン色紙や、再始動した『ADVANCE OF Z』のサイン入り複製原画など、ファンなら見逃せないアイテムをご用意
豪華プレゼントの全ラインナップや応募方法といった詳細は、11月25日に『電撃ホビーウェブ』&『電撃ホビーマガジン1月号』で大発表
posted by ちぇりー at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラモ男子とプリチー女子−ミズオとイエナの一年戦争− 3 11月29日発売

ビックコミックスピリッツ連載中作品ですが
川口名人のTwitterでもたびたび登場していたキーワードなのだが、この巻になんと
ミズオがオフ会のためにコツコツ作っている、「MS-06Cザク2 C型改 オデッサ作業用仕様」(ミズオのオレ設定より)、なんと、その改造ザクを川口名人(第1集のオビでもお馴染み)が再現!!
製作工程は、巻末オマケで収録とのこと。

ちらっと読んでみたらなかなか面白かったので単行本購入もありかなぁと思ってます。

プラモ男子とプリチー女子-ミズオとイエナの一年戦争- 3 (ビッグコミックス)
タグ:小学館
posted by ちぇりー at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

電撃ホビーマガジン2014年1月号は1/144 MSハンガー が再び付録に

情報元 電撃ホビーウェブ

電撃ホビーマガジン2014年1月号(2013年11月25日発売)は付録に創刊15周年記念5号連続豪華付録キャンペーン始動と題し5号連続付録となる模様。

その第一弾は得意のガンプラ付録で「1/144 MSハンガー ガンメタル Ver.」が予定されている。
同誌2010年9月号付録の成型色変更アイテムかと思われる。

予価1,365円(本体1,300円)
posted by ちぇりー at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

「月刊ホビージャパン」テレビCM、10月7日よりオンエア開始

模型ホビーの総合情報誌「月刊ホビージャパン」のテレビCMが、10月7日(月)よりTVアニメ新シリーズ『ガンダムビルドファイターズ』(毎週月曜日夕方6時 テレビ東京系6局ネットにて放送)枠内にて、オンエアされている。
「月刊ホビージャパン」の読者である俳優の大河元気氏が出演、今回のCMは、「君にもできる!」をテーマに制作され「月刊ホビージャパン」の読者である俳優の大河元気氏が出演。
大河氏が実際にプラモデルを作る姿を通し、「月刊ホビージャパン」が伝え続けてきた「プラモデル作りの“HOW TO”と“楽しさ”」を表現している。
ホビージャパン社のテレビCMは1997年11月27日に創刊した漫画雑誌コミックジャパン以来と思われる。



関連商品
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2013年 12月号 [雑誌]

posted by ちぇりー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦船模型スペシャル別冊 Mr.HOBBY Master Book 発売が10月19日に延期



10月11日発売予定だったModelArt社 艦船模型スペシャル別冊 Mr.HOBBY Master Bookの発売が10月19日に延期となった。

本書はGSIクレオス ホビー部の全面協力・監修でMr.HOBBY商品を、最新商品を含めて完全に網羅した公式ガイドブックでModelArt社らしい書籍と思う。

関連商品
艦船模型スペシャル別冊 Mr.HOBBY Master Book 2013年 11月号 [雑誌]
タグ:ModelArt Mr.HOBBY
posted by ちぇりー at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー関連 雑誌、書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする